美容整形の情報サイト
美容整形ナビ
美容整形ナビトップ > しみ

【しみ】
レーザー
  └病院一覧
ピーリング
   └病院一覧

しみ
■しみには大きく分けて以下のものがあります。

■肝斑
顔の左右対称にできる広範な淡いしみ。大きさや形は様々で紫外線により増えます。女性ホルモンが関与して発症すると考えられています。
■雀卵斑(ソバカス)
顔などの日光にあたる部位に多発する小さな色素斑。紫外線により増えます。
■老人性色素斑
加齢により出現したしみ。茶色く、扁平で境界が明瞭です。
■脂漏性角化症
表面にざらつきのある盛り上がったしみ。色は正常皮膚色から茶色、黒色までさまざまです。
■炎症後色素沈着
ケガ、化粧かぶれ、やけど、ニキビなどの炎症があった部位に生じるしみ。
■光線性花弁状色素斑
肩から上背部に左右対称に生じるコンペイ糖や花弁状のしみ。過去に海水浴でよく甲羅干しをした人に多くみられます。


■しみの原因

しみが出来る一番の要因は紫外線です。紫外線などの刺激を受けると肌は刺激信号を発信します。この信号を感じると、表皮細胞の中のメラノサイトが活発になり、メラニンをどんどん生成します。これが周囲の細胞に転移することでしみがどんどん増えていきます。またタバコの煙や汚れた空気などの刺激も、要因の一つと言われています。内的な要因にはメラノサイト(メラニン色素を含む細胞)の過剰な働き(加齢によるものなど)や、ホルモンバランスの崩れ、ストレスや生活習慣の崩れなどが挙げられます。

■しみの対処法

レーザー治療、ピーリング(ケミカル、クリスタルなど)、フォトフェイシャル、イオン導入法などがありますが、しみの種類によって治療法が違います。
雀卵斑(ソバカス)、老人性色素斑、光線性花弁状色素斑はレーザー治療が良く効きますが、肝斑や炎症後色素沈着に対してはレーザーを照射するとかえって色調が濃くなります。


■しみ除去について

レーザーについて
ピーリングについて



美容外科の謎に迫る美容外科WEB
美容外科選びは美容外科の謎に迫る美容外科WEB

美容整形ナビ

企画・制作:株式会社ペンシル
〒810-0001 福岡市中央区天神1-3-38 天神121ビル 5F TEL.092-726-1400