美容整形の情報サイト
美容整形ナビ
美容整形ナビトップ > 豊胸

【豊胸】
シリコンバック
  └病院一覧
脂肪吸引
   └病院一覧

豊胸
■豊胸術

現在豊胸術にはバッグを入れる方法と脂肪を注入する方法とがあります。

■バッグ

現在国内で使用できるバッグは生理食塩水バック、シリコン(コヒーシブを含む)バッグ、ハイドロジェル(CMCを含む)バッグの3種類に分類されます。                      
1.生理食塩水バッグ
生理食塩水は点滴等に用いられる人体の体液に近い成分で身体に安全・無害なので、万一バッグが破損して漏れても心配がありません。しかし感触がやや硬く、特にマッサージを怠ると皮膜が固くなり、感触や形が不自然になることもあります。またバルブから水漏れする可能性もあります。

2.ハイドロジェルバッグ
ハイドロジェルとは生理食塩水に高分子ポリマーを加えてジェル状にしたものです。国内で人気のあるCMC(カルボキシメチルセルロース)バッグもこの種類に入ります。CMCは食品にも含まれている人体に安全な天然の水溶性物質で、万一バッグが破損して漏れても体内にすべて吸収され、身体に害を及ぼす心配がありません。触感が非常に柔らかく、形態的にはラウンド型でありながら立位においてはその流動性からつり鐘型となるのが特長で、多くの美容外科で使われています。

3.シリコンバッグ
豊胸用バッグとしては最も歴史が長く、もともと世界各国で広く使用されていたバッグです。非常に柔らかい素材であり、挿入後も違和感のない自然な感触が最大の特長です。ただ、バッグが破損し、中身のシリコンが漏れた場合の安全性において多少疑問を持たれていることも事実であり、一時アメリカ合衆国FDAが使用中止要請を出しました。現在は安全性を高めるべく改良を加えたコヒーシブシリコンがよく使われています。コヒーシブシリコンは、粘液状で漏れ出す恐れのあるシリコンジェルに比べ、ある程度の硬化を持たせたもので、バッグが破損した場合でも漏れ出す心配はありません。

■脂肪注入

自分自身のお腹やお尻から脂肪を胸に注入する手術方法です。バストを一回りくらいだけ大きくしたいという人や、人工乳腺などの異物を挿入することに抵抗を感じる人に向いています。また体の余分な脂肪をとって、バストに再利用できるので、一挙両得ともいえる方法です。ただかなりの脂肪が吸収されてしまうので大幅なサイズアップは期待できず、また注入した脂肪が石灰化して乳がんと間違われることもあります。

■豊胸手術について

シリコンバッグ
脂肪吸引



美容外科の謎に迫る美容外科WEB
美容外科選びは美容外科の謎に迫る美容外科WEB

美容整形ナビ

企画・制作:株式会社ペンシル
〒810-0001 福岡市中央区天神1-3-38 天神121ビル 5F TEL.092-726-1400